メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『芸能人と文学賞』川口則弘・著

「外の人」の受賞に社会はどう反応したか

◆『芸能人と文学賞』川口則弘・著(KKベストセラーズ/税別1450円)

 ピース・又吉直樹が芥川賞を受賞した後、先輩芸人の多くが彼を「先生!」と呼ぶことで困惑させる場面を何度も見かけた。あの感じは、世間の文学賞のイメージを代弁してはいたのだろう。受賞を報じた「報道ステーション」で古舘伊知郎が「芥川賞と本屋大賞の区分けがなくなってきた気がする」と的外れなことを述べたが、そもそも文学については「的」が用意されず、雑に一緒くたにされてきた。

 小説を書いた芸能人と文学賞との関係を隅々まで洗い出した本書が重視するのは、小説の中身よりも「芸能人…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文913文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです