メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[ニッポンの名車]誰もが振り返る強烈な見た目「ミツオカ・オロチ」

情報提供:カートップ

世界のスーパーカーに比肩する存在感

「クルマの憧れを復活させる」。そんなメッセージとともに平成18(2006)年10月に富山県の『光岡自動車』社員が全力投球をしてデビューにこぎつけたミッドシップのスポーツカーが「オロチ」だ。

 光岡自動車は、既存のクルマをベースとしてハンドメイドで仕上げるカスタマイズカーや「おくりぐるま」と名付けられた葬祭車両など特殊車両の生産、販売が主力だが、平成6(1994)年に発表したロータス・スーパーセブンのレプリカ車「ゼロワン」が組み立て車と認可されたため、国産乗用車メーカーとしての顔を持つ。平成18年に登場したオロチは光岡自動車2番目のオリジナルカーである。

 オロチが一般に公開されたのは平成13(2001)年の東京モーターショー。当初は初代のNSXをベースに特装された完全なるショーカーで、市販の予定はまったくなかったという。ところがスタッフの予想を覆す反響の高さがあり、大いに賛辞を受けたことで市販に向けて本格的に動き出すことになった。

 そして、平成15(2003)年の同モーターショーには市販に向けたプロトタイプ、平成17(2005)年にはオープンモデルを出展。その間に市販に向けた試行錯誤は続けられ、初お披露目から5年の歳月を掛けて販売にこぎつけたのだ。

 オロチの魅力はスタイリングに尽きる。開発はすべてが「まずデザインありき」で進められている。大蛇(オロチ)をモチーフとした有機的なエクステリアデザインは生命の息吹さえ感じるほど強烈。空力などを無視したディテールはフェラーリやランボルギーニと並んでも負けずと劣らない存在感がある。

 これこそが、オロチの生命線であり、最大の特徴だ。純粋に誰もが一度は乗ってみたい、と思うクルマだと思う。ちなみに全幅は2035mm(全長は4560mm、全高は1180mm)もあり、これは日本の乗用車のなかで一番広い。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです