メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

作家・横山秀夫さん 毎日新聞記者・萩尾信也 対談/上 共に取材、日航機墜落事故

昇魂之碑の前で手を合わせる遺族=群馬県上野村の御巣鷹の尾根で12日午前8時3分

 520人の命を奪った日航ジャンボ機墜落事故は、32年の歳月(三十三回忌)を経てなお、同時代を生きてきた人々の記憶にとどまる。当時、地元紙記者として墜落現場の御巣鷹の尾根(群馬県上野村)で取材を続け、後に事故を題材にした小説「クライマーズ・ハイ」を著した作家の横山秀夫さんと、事故の夏から犠牲者の家族への取材を重ねてきた毎日新聞の萩尾信也記者が語り合った。【構成・沢田石洋史、写真・和田大典】

この記事は有料記事です。

残り2330文字(全文2526文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです