メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

チック 広い世界へいざなう躍動感=評・濱田元子

 少年たちの冒険のキラキラしたまぶしさ、そして思春期の切なさ。ついシニカルなフィルターを通して見がちな大人の心にも、スルリと入りこんでくるいとおしい作品である。原作はヴォルフガング・ヘルンドルフによるドイツの児童文学。気鋭の小山ゆうなの演出は疾走感があり、さまざまな仕掛けで劇場に居ながらにして広い世界へといざなう。ロベルト・コアル上演台本、小山訳。

 主人公はベルリンに住む14歳のマイク(篠山輝信)と、風変わりなロシア移民の転校生チック(柄本時生)…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです