メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

チック 広い世界へいざなう躍動感=評・濱田元子

 少年たちの冒険のキラキラしたまぶしさ、そして思春期の切なさ。ついシニカルなフィルターを通して見がちな大人の心にも、スルリと入りこんでくるいとおしい作品である。原作はヴォルフガング・ヘルンドルフによるドイツの児童文学。気鋭の小山ゆうなの演出は疾走感があり、さまざまな仕掛けで劇場に居ながらにして広い世界へといざなう。ロベルト・コアル上演台本、小山訳。

 主人公はベルリンに住む14歳のマイク(篠山輝信)と、風変わりなロシア移民の転校生チック(柄本時生)…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  3. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです