メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

チック 広い世界へいざなう躍動感=評・濱田元子

 少年たちの冒険のキラキラしたまぶしさ、そして思春期の切なさ。ついシニカルなフィルターを通して見がちな大人の心にも、スルリと入りこんでくるいとおしい作品である。原作はヴォルフガング・ヘルンドルフによるドイツの児童文学。気鋭の小山ゆうなの演出は疾走感があり、さまざまな仕掛けで劇場に居ながらにして広い世界へといざなう。ロベルト・コアル上演台本、小山訳。

 主人公はベルリンに住む14歳のマイク(篠山輝信)と、風変わりなロシア移民の転校生チック(柄本時生)…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文620文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]