メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後72年の表現者たち

/4止 室積光さん(55年生まれ、作家・俳優) 戦前にも希望と愛、忘れぬ

室積光さん

 室積光さんが主宰する劇団「東京地下鉄劇場」は、全国の小中学校で舞台「遠い約束~おじいさんのタイムカプセル」の上演を18年間、続けている。戦争で命を絶たれた若者の、夢や友情を描いた舞台作品だ。依頼があれば学校に駆けつけ、その数はのべ100校。脚本、演出、出演をこなす室積さんは「亡くなったのは特別な若者ではない。みなさんと同じ希望も愛情もあった普通の若者だったことを伝えたい」と思いを込める。着想は1999年、東京都内の中学校の校舎で、105年前のタイムカプセルが発見されたというニュースから得た。

 33(昭和8)年春、尋常小学校の校庭の桜の木の下に、14歳の少年5人が集まった。「私の将来」と題し…

この記事は有料記事です。

残り1263文字(全文1562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです