特集

ニュース&トピックス

クラシック界のニュースや、音楽家のインタビューなどを紹介します。

特集一覧

松戸シティフィルハーモニー管弦楽団

地元中高生2人と協演 27日・森のホール21公演 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松戸シティフィルの公演でソリストとして協演する鈴木亮さん(左)と上條美葉さん。中央は指揮者の三原明人さん=松戸市の「森のホール21」で
松戸シティフィルの公演でソリストとして協演する鈴木亮さん(左)と上條美葉さん。中央は指揮者の三原明人さん=松戸市の「森のホール21」で

バイオリン 市立根木内中1年・上條美葉さん

トロンボーン 柏市在住の高2・鈴木亮さん

 松戸シティフィルハーモニー管弦楽団は27日、森のホール21(松戸市千駄堀)大ホールで「ファミリーコンサート~こどもたちとの協演」を開く。プログラムのうち協奏曲2曲のソリストには、一般公募で選ばれた地元中高生2人を迎える。同楽団の若井敦史団長(49)は「2人にとって良い経験になるはず。同世代の人たちにもぜひ聴いてほしい」と来場を呼びかけている。

 約90人のオーケストラと協演するのは同市立根木内中1年の上條美葉(みよ)さん(12)と、茨城県立取手松陽高校音楽科2年、鈴木亮さん(16)=柏市在住=の2人。上條さんはバイオリン、鈴木さんはトロンボーン。昨年11月にあった公募に応じ、オーディションを経て9人の中から選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文750文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る