木曽三川

治水知って 改修130年記念、桑名でパネル展 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
木曽三川の治水事業と水害の歴史を紹介したパネル展=桑名市立中央図書館で
木曽三川の治水事業と水害の歴史を紹介したパネル展=桑名市立中央図書館で

 明治期に着工した木曽三川下流部の改修工事から130年の節目を迎えるのを記念したパネル展が、桑名市中央町の市立中央図書館で開かれている。木曽三川の成り立ちを知ってもらおうと市防災・危機管理課などが企画した。9月26日まで、入場無料。

 木曽三川は古来、洪水被害が絶えず、江戸期は薩摩藩による「宝暦治水」事業も行われた。1887年に着工した明治期の改修は、主にオ…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

あわせて読みたい

注目の特集