くさつ夢風車

撤去へ答申案 市環境審「更なる赤字避ける」 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 補助金上の耐用年数が近づく草津市下物町の風力発電施設「くさつ夢風車」について、同市環境審議会(会長・小林圭介県立大名誉教授)は22日、撤去するとの答申案をまとめた。今後、文章を調整して来月に橋川渉市長に答申する。

 夢風車は、再生可能エネルギーの普及啓発や隣接する市立水生植物公園みずの森への電力供給を目的に2001年7月から稼働したが、14年4月にブレードが一部損傷して停止。来年6月末で補助金上の耐用年数を迎える。発電事業は建設費…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集