メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刑務所の中

島根あさひ/7 農作業で得る充実感 敷地外で受刑者、茶栽培 /島根

レジ袋を手に新茶の葉を摘み取る受刑者ら=島根県浜田市金城町七条の新開団地で、横井信洋撮影(画像の一部を加工しています)

 浜田市の牧場跡に、茶畑が一面に広がっている。市の農業団地「新開団地」。約10キロ離れた官民共同運営の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」(あさひ)の受刑者が火~金曜日、刑務作業として農業に従事する場所だ。刑務所敷地外での刑務作業は「構外(こうがい)作業」と呼ばれている。【横井信洋】

 約30ヘクタールの新開団地のうち、あさひは約10ヘクタールを借り、茶畑のほか桑畑、コマツナやホウレンソウといったハウス野菜栽培などに利用している。団地にはブドウやイチゴの観光農園、他の野菜農家のハウスなどもある。農道から受刑者の姿が見えるため、刑務官は制服の代わりにポロシャツを着用している。

 あさひが使用する農地にはフェンスで囲まれていない部分がある。受刑者はフェンスを乗り越えたり、斜面を…

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです