連載

くらしQプラス

暮らしの中で生じる疑問、生活に役立つ情報などを社会情勢を織り込みながら伝えます。

連載一覧

くらしQプラス

デジタル工作機器で物づくり 親子連れでにぎわう太宰府のワークショップ /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 レーザーカッターや3Dプリンターなどの最新デジタル工作機器を使うことができる工房が増えている。中でも福岡県太宰府市の住宅街にある「ファブラボ太宰府」は親子連れの利用者が多く、物づくりを楽しむ人々でにぎわっている。【川上珠実】

 「今日は好きな絵をたくさん描いてみましょう」。夏休み中の10日、ファブラボ太宰府で小学生向けに開かれたワークショップ「レーザーカッターを体験してみよう」でスタッフの中西実和子さん(27)が呼びかけた。参加した大野城市の中西蓮さん(12)、蒼空(そら)さん(10)兄弟が作業台に向かい、鉛筆を使って自分で考え出したキャラクターを次々に描いていった。

 それをスキャンしてパソコンに取り込んでデータ化し、レーザーカッターで薄い木の板をデータ通りにレーザー光線を使って切っていく。細かい突起や曲線も、レーザーカッターならあっという間に正確に裁断できる。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文1008文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集