防衛省

概算要求 5兆2551億円 過去最大、ミサイル対応強化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 防衛省は2018年度予算の概算要求で、過去最大の5兆2551億円(17年度当初予算比約2・5%増)を計上する方針を固めた。北朝鮮の弾道ミサイル発射技術が進展していることを踏まえ、大気圏外でミサイルを迎撃する海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を陸上に置く新システム「イージス・アショア」の導入費を盛り込む。

 イージス・アショアは米国製で1基700億~800億円。2~3カ所への配備で日本全体をカバーするとされる。SM3配備のイージス艦、高度十数キロで対処する地上配備のパトリオット(PAC3)と共に運用することで、より重層的な迎撃システムを構築する。小野寺五典防衛相が今月17日にワシントンでマティス米国防長官と会談した際、イージス・アショアの導入方針を伝え、協力を取り付けていた。概算要求では金額を明示し…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集