メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/7 「治療」条件、スパイ勧誘

手術を受けられないまま亡くなったアフマド・シュバイルさんの勉強机。「高校に行くのを楽しみにしていた」と語る父親のシュバイルさんと母アマルさん=パレスチナ自治区ガザ地区で2月

拒んだ心臓病の少年、死去

 「我々は君を助けるのだから、君も我々を助けてほしい」。イスラエルの病院で心臓病の手術を受けるため、イスラエルが封鎖するパレスチナ自治区ガザ地区からの出域許可を求めたアフマド・シュバイルさん(当時17歳)に、イスラエルの諜報(ちょうほう)機関シンベトは情報提供を求めたという。

 アフマドさんは先天的な心臓疾患があり、2000~11年にかけて計3回、イスラエルの病院で手術を受けた。07年、イスラム原理主義組織ハマスがガザを制圧。イスラエルは「テロ対策」として人と物の出入りを規制し、ガザ市民はイスラエルの許可なく出域できなくなった。双方は過去10年で大規模戦闘を3回繰り返している。

 新たな手術が必要となった16年10月、母アマルさん(51)が渡航を申請すると、イスラエルとの境界に…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです