メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

東京大空襲・戦災資料センター館長 早乙女勝元さん

 太平洋戦争の終戦から8月で72年。ルポルタージュ「東京大空襲」などの著者で、空襲の経験や戦時中の人々の暮らしを後世に伝える活動を続ける東京大空襲・戦災資料センター館長の早乙女勝元さん(85)に、平和への思いを聞いた。【聞き手・塩田彩】

 1945年3月10日の東京大空襲の時に私は12歳。軍人にあこがれる子供がたくさんいましたが、私は違った。虚弱体質で引っ込み思案。廃品回収で出る少年誌を読んだりして文章を読む面白さに目覚め、物書きになりたいと考えるようになりました。

 東京大空襲があったのは北風の強い日でした。炎の激流をかいくぐって逃げました。人間が一瞬で火だるまになった。隅田川のふちで日の出を迎えました。煙にやられて目が見えず、それが幸いでした。川の水面いっぱいに流れてくる死体を見ずに済んだからです。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです