メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

機能性食品増加 難しい選択

 事業者の責任で一定の健康効果を表示できる「機能性表示食品」が今月、1000品目を超えた。「睡眠の質の向上」「疲れの軽減」「ストレスの緩和」と選択の幅は広がったものの、どう選ぶかはけっこう難しい。成果と課題は何か。

 ●受理件数1000品目超

 機能性表示食品制度は食品表示法に基づき、2015年4月にスタート。国が審査・許可する特定保健用食品(トクホ)とは違い、事業者が消費者庁に届け出て、受理されれば販売できる。機能性の根拠を説明した事業者の届け出情報は消費者庁のホームページで読める。

 受理件数は8月16日時点で1024品目。健康食品ビジネスコンサルタントの武田猛グローバルニュートリ…

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです