メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

機能性食品増加 難しい選択

 事業者の責任で一定の健康効果を表示できる「機能性表示食品」が今月、1000品目を超えた。「睡眠の質の向上」「疲れの軽減」「ストレスの緩和」と選択の幅は広がったものの、どう選ぶかはけっこう難しい。成果と課題は何か。

 ●受理件数1000品目超

 機能性表示食品制度は食品表示法に基づき、2015年4月にスタート。国が審査・許可する特定保健用食品(トクホ)とは違い、事業者が消費者庁に届け出て、受理されれば販売できる。機能性の根拠を説明した事業者の届け出情報は消費者庁のホームページで読める。

 受理件数は8月16日時点で1024品目。健康食品ビジネスコンサルタントの武田猛グローバルニュートリ…

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1542文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. 漫画で解説 日本の銃事情の巻
  5. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです