メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

機能性食品増加 難しい選択

 事業者の責任で一定の健康効果を表示できる「機能性表示食品」が今月、1000品目を超えた。「睡眠の質の向上」「疲れの軽減」「ストレスの緩和」と選択の幅は広がったものの、どう選ぶかはけっこう難しい。成果と課題は何か。

 ●受理件数1000品目超

 機能性表示食品制度は食品表示法に基づき、2015年4月にスタート。国が審査・許可する特定保健用食品(トクホ)とは違い、事業者が消費者庁に届け出て、受理されれば販売できる。機能性の根拠を説明した事業者の届け出情報は消費者庁のホームページで読める。

 受理件数は8月16日時点で1024品目。健康食品ビジネスコンサルタントの武田猛グローバルニュートリショングループ代表によると、届け出た事業者は305社あり、1024品目のうち468品目を錠剤やカプセルなどのサプリメントが占め、あとは主に飲料や菓子類などの加工食品。生鮮食品はミカンと大豆もやしの2種類だけだ。

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです