メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 生活保護基準と格差=首都大学東京教授・阿部彩

下層の引き上げが必要

 現在、生活保護制度における保護基準の妥当性について厚生労働省で検討が行われている。

 生活保護制度は、憲法25条で定める、すべての国民に「健康で文化的な生活」を保障するための具体的な制度であり、保護基準とは「健康で文化的な生活」を送るために最低限必要な生活費を指す。勤労所得や年金をはじめ、活用しうるすべての資源を用いても、この基準値に足らない場合、その差額分が支給される。

 誤解が多い制度なので付け加えると、資産があったり、働けるのに働いていなかったりすると保護には至らな…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです