メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 生活保護基準と格差=首都大学東京教授・阿部彩

下層の引き上げが必要

 現在、生活保護制度における保護基準の妥当性について厚生労働省で検討が行われている。

 生活保護制度は、憲法25条で定める、すべての国民に「健康で文化的な生活」を保障するための具体的な制度であり、保護基準とは「健康で文化的な生活」を送るために最低限必要な生活費を指す。勤労所得や年金をはじめ、活用しうるすべての資源を用いても、この基準値に足らない場合、その差額分が支給される。

 誤解が多い制度なので付け加えると、資産があったり、働けるのに働いていなかったりすると保護には至らな…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1083文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです