特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

花咲徳栄9-6東海大菅生 花咲徳栄、力の快投

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【花咲徳栄-東海大菅生】四回途中から登板し、好投した花咲徳栄の2番手・清水=藤井達也撮影
【花咲徳栄-東海大菅生】四回途中から登板し、好投した花咲徳栄の2番手・清水=藤井達也撮影

第13日(22日・阪神甲子園球場)

 ○…準決勝…○

 午後1時17分開始(観衆3万人)

花咲徳栄(埼玉)

  01210002003=9

  21100000200=6

東海大菅生(西東京)

 (延長十一回)

 花咲徳栄が2番手・清水の好投で中盤から流れを引き寄せ、粘る東海大菅生を振り切った。四回途中に救援した清水は球威があり、制球も良く、延長十一回まで2失点。打線は同点の八回、岩瀬の左翼線2点二塁打で勝ち越し、その後は追いつかれたものの、十一回に高井の右越え2点二塁打と暴投で3点を奪った。東海大菅生は九回に田中の2点二塁打で同点としたが、今大会初登板の3番手・山内が2イニング目に捕まった。

この記事は有料記事です。

残り1519文字(全文1811文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る