メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無痛分娩

重大事故を防げ 厚労省研究班が初会合

 出産の痛みを麻酔で和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で重大事故が相次いでいることを受け、産婦人科や麻酔科医らでつくる厚生労働省研究班(代表者・海野信也北里大病院長)の初会合が23日、東京都内で開かれた。無痛分娩の実態などを分析し、安全管理に関する提言をまとめる。

 会合では、日本産婦人科医会が2010年以降に報告を受けた死亡例の分析結果を説明。死亡した妊産婦271人のうち5%に当たる14人が無痛分娩だった。無痛分娩の実施率(16年度)は同医会の調査で約6%。ただ、これだけでは通常の分娩との安全性の比較はできず、研究班が今後、検証する方針。

 一方、死亡した14人すべてに子宮収縮薬(陣痛促進剤)が投与されていた。日本では24時間体制で無痛分…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文730文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです