宮島水族館

国内最高齢のスナメリ死ぬ 推定39歳

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国内最高齢のスナメリの雌「P1(ピーワン)」=2017年2月撮影、宮島水族館提供
国内最高齢のスナメリの雌「P1(ピーワン)」=2017年2月撮影、宮島水族館提供

 広島県廿日市(はつかいち)市の宮島水族館は22日、国内最高齢のスナメリの雌「P1(ピーワン)」が20日に死んだと発表した。推定39歳で、人間では100歳以上に当たるという。死因は老衰とみられる。

 同館によると、P1は同県福山市鞆(とも)の浦沖で1982年に捕獲され、これまで5頭の子供を出産した。孫…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

あわせて読みたい

注目の特集