メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の長雨

東京都心の連続降水日数 21日で止まる

 東京都心は22日、8月に入って初めて雨が降らず、連続降水日数は21日間で途切れた。観測史上2番目の長さだった。東京都心の同月としての最長期間は1977年8月6~27日に記録した22日間。

 気象庁によると、今夏は太平洋高気圧の本州への張り出しが弱く、北海道の北にオホーツク海高気圧も発生したため、北東から冷たい空気が流れ込み、不安定な天気が続いた。

 東京都心の今月1~21日の雨量は計131.5ミリ(平年比122%)、日照時間は計40.1時間(同34%)だった。東京都千代田区の観測点に設置された「感雨器」に雨粒が落ちれば降雨と判断され、この期間中、観測雨量が0.5ミリに満たないわずかな雨だった日も8日間あった。

 オホーツク海高気圧が北海道の南東に移動し、今後1週間は晴れの日が増える見込み。ただ、気圧の谷の影響で曇りや雨となる日もあるとみられ、日照不足は続く可能性があるという。【金森崇之】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
  2. イワシ 大量に打ち上げられる 陸奥湾沿岸、寒波の影響?
  3. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
  4. カツオクジラ ぱっくり口開け、立ち泳ぎでじっと餌を待つ
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]