特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

天理の安原、2試合続けて節目の本塁打

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【広陵-天理】七回裏天理2死一塁、安原が左越え2点本塁打を放つ(捕手・中村)=阪神甲子園球場で2017年8月22日、山崎一輝撮影
【広陵-天理】七回裏天理2死一塁、安原が左越え2点本塁打を放つ(捕手・中村)=阪神甲子園球場で2017年8月22日、山崎一輝撮影

 〇広陵(広島)12-9天理(奈良)●(22日・甲子園、準決勝)

 天理の安原が2試合続けて節目の本塁打を放った。七回2死一塁から5球目のカーブを捉えると、打球は左翼席へ。3点差に詰めよる2ランは戦後通算1500号本塁打の記念の一打になった。

 準々決勝では大会通算最多本塁打に並ぶ今大会60号を放ってお…

この記事は有料記事です。

残り57文字(全文207文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る