連載

チェック

毎日新聞デジタルの「チェック」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

チェック

日本建築、パリ席巻 隈研吾氏ら設計 伝統・繊細さ評価

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本人建築家によるパリ近郊の主な建物<予定>
日本人建築家によるパリ近郊の主な建物<予定>

 再開発が進むパリ市内や近郊で、日本人建築家が設計した商業施設や美術館が急増している。大規模プロジェクトだけで10を超え、さながら“日本人建築家ブーム”の様相だ。伝統的な西洋建築が並ぶフランスで、日本人感覚がなぜウケているのか。【パリで松井聡】

 パリ西郊、セーヌ川の中州に、太陽光発電パネルが輝く帆船をイメージした巨大な建物が川に浮かぶように建つ。今年4月、オープンした音楽複合施設「ラ・セーヌ・ミュージカル」だ。仏自動車大手ルノー工場跡地の再開発の一環で、6000人収容の多目的大ホールなどが設けられている。

 設計は世界的に活躍する坂(ばん)茂さん(60)。コンサートを聴きによく訪れるというジャンピエール・ルソーさん(27)は「太陽光で明るいうえ、内装に木がふんだんに使われ、まるで森の中にいるみたい。日本伝統の木造建築が生きている気がする」と空間を楽しんでいた。

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1392文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集