連載

どうすれば安全安心

地震や医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代。安全安心のための記事をお届け。

連載一覧

どうすれば安全安心

介護離職、防ぐために 自ら相談、支援制度につなぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
介護離職しないために
介護離職しないために

 年老いた親の介護に追われて、ついには仕事を辞めてしまう「介護離職」が社会問題となっている。ある日突然、介護を迫られるという事態は、今や誰にとってもひとごとではない。こうした現実に直面した際に、どう対処すべきなのか。専門家のアドバイスと公的制度を紹介する。【井田純】

退職金で工面には限界/体験者同士思い共有/ストレス発散の場を

 2011年10月からの1年間で、介護・看護のために仕事を辞めた「介護離職者」は約10万人--。総務省の「就業構造基本調査」は衝撃的な数字を提示した。また、厚生労働省の調査(12年)では、40~50代の就労者の4割が5年以内に介護に直面する可能性がある、とされている。介護を理由に職から離れてしまうことは決して特異な事例ではない。

 一方、安倍政権は15年に打ち出した目玉政策「1億総活躍社会」の柱の一つとして「介護離職ゼロ」の実現を掲げてきた。

この記事は有料記事です。

残り1969文字(全文2354文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集