メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デンマーク

「密室」潜水艦、血痕の謎 同乗取材の女性記者、海岸に遺体 自作の発明家「事故で遺棄」

 【オーフス(デンマーク東部)八田浩輔】デンマークの発明家が自作した潜水艦に同乗し行方不明になっていたスウェーデン人女性ジャーナリストが、コペンハーゲンの海岸で胴部だけの遺体となって見つかった。発明家は潜水艦内の「事故」で死亡した女性の遺体を海に遺棄したと説明し、過失致死罪で起訴された。一方、艦内からは女性の血痕が検出された。「密室」で何が起きたのか。欧州中で報道が過熱している。

 デンマーク警察や地元メディアによると、死亡した女性はキム・ウォールさん(30)。デンマークの著名な発明家のピーター・マッセン被告(46)が作った全長約17メートルの潜水艦を取材するため、被告とともにコペンハーゲンを今月10日に出港。そのまま、行方が分からなくなった。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです