鉄道イラスト展

美里・小牛田駅構内で開幕 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
駅弁の包み紙になった新幹線「やまびこ」(左上)や「つばさ」(左下)の原画を描いた鈴木典宏さん=美里町総合案内所で
駅弁の包み紙になった新幹線「やまびこ」(左上)や「つばさ」(左下)の原画を描いた鈴木典宏さん=美里町総合案内所で

 「鉄道イラスト展」が23日、美里町のJR小牛田駅構内の町総合案内所で開幕した。東北新幹線開業35周年にちなみ「韋駄天(いだてん)の系譜」がテーマで、歴代の新幹線車両や、かつて東北を走ったSL、在来線電車特急などを描いた作品30点が並ぶ。

 制作したのは、「描き鉄集団ロコ」の鈴木典宏さん=仙台市=と小松大希さん=亘理町=の2人。2010年から毎年同駅でイラスト展を開いている。展…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

あわせて読みたい

注目の特集