メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄贈

いすみ市に麻雀卓67台と牌 休館の麻雀博物館 /千葉

 いすみ市の「麻雀(マージャン)博物館」を所有する中国青島市の朴盛震さん(47)が23日、いすみ市役所を訪れ、太田洋市長に同博物館にあった67台の全自動麻雀卓と麻雀牌(ぱい)を寄贈した。市が毎年開催している「岬町ふれあい麻雀大会」では同博物館から借りていたが、朴さんの好意で全セットが寄贈された。

 同館は1999年に竹書房によって開館。…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです