未来ワークショップ

市長のつもりで、中高生政策提言 館山 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
真剣な表情で提言をまとめる中高生たち=館山市コミュニティーセンターで7日
真剣な表情で提言をまとめる中高生たち=館山市コミュニティーセンターで7日

 中高生が「2040年の館山市長」になったつもりで金丸謙一市長に政策を提言する「たてやま未来ワークショップ」が同市で開かれた。市と、千葉大大学院人文社会科学研究科の倉阪秀史教授(政策学)が率いる研究チームの主催。少子高齢化や産業構造変化の観点から現状や課題を把握し、政策提言を行うというもので、市内の中学生29人と高校生14人が参加した。

 中高生は7班に分かれて、同チームがまとめた地域の現状と将来予測などをもとに市の課題をピックアップし、解決法を話し合った。その後の発表では「若者に人気の店を誘致」「Uターンを増やす奨学金制度を」「九州や北海道、さらに海外からのフェリーを迎えては」など、さまざまな提案が飛び出した。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文446文字)

あわせて読みたい

注目の特集