メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街の記憶

駅いまむかし 相鉄いずみ野線・緑園都市駅 大学と教会が彩り /神奈川

現在の緑園都市駅。改良工事で上下線のホームに設置された展望台と庭園は今も健在だ

 横浜市旭区の二俣川駅と藤沢市の湘南台駅の11・3キロを結ぶ相模鉄道(相鉄)いずみ野線。緑園都市駅(横浜市泉区)は沿線のニュータウン開発の中心駅として、1976年4月8日に開業した。緑にあふれ洗練された都市型の生活を送れる街をイメージし、その名がつけられた。

 相鉄で長年、緑園都市の開発に携わった山岡進さん(70)は「駅の周りは田んぼばかり。雨が降るとぬかるんで、長靴がないと歩けなかった」と開業当時を振り返る。

 それが今、改札を抜けて南万騎が原駅方面に歩くと、駅名の通り緑があふれる遊歩道「四季の径(みち)」が…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです