災害時協力井戸

金沢で設備調査 40カ所点検 /石川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
災害時協力井戸を点検する作業員=金沢市近岡町で、道岡美波撮影
災害時協力井戸を点検する作業員=金沢市近岡町で、道岡美波撮影

 大規模災害で上水道が断水した際に、水を確保するための災害時協力井戸の設備調査が23日、金沢市内で行われた。県電気工事工業組合金沢本部が協力し、今月末までに40カ所を点検する。

 市内では今年3月現在、主に企業が所有する民間井戸205カ所が登録されている。井戸は電気を利用してポンプで水をくみ上げる仕組…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

あわせて読みたい

ニュース特集