選挙

沖縄・名護市長選 稲嶺氏3選出馬表明 「辺野古建設を阻止」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
稲嶺進市長
稲嶺進市長

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に反対する名護市の稲嶺進市長(72)は23日、来年2月4日投開票の市長選に3選を目指して出馬することを正式に表明した。市長選は辺野古移設の是非が最大の争点になる見通しで、稲嶺氏は「あらゆる権限や手段を行使し、翁長雄志(おながたけし)知事と力を合わせて辺野古新基地建設を断固阻止し、問題に終止符を打つ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1182文字)

あわせて読みたい