民進党代表選

両候補に聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 9月1日投開票の民進党代表選に立候補した前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)に、10月に予定される衆院3補選や野党の選挙協力への考え方、支援団体である連合との関係などを聞いた。【樋口淳也、真野敏幸、写真は西本勝】

共闘、政策の一致重要 前原誠司氏

 --10月に「トリプル補選」が予定されています。野党共闘についてどう考えますか。

 ◆補選であっても衆院選は政権選択に準ずるもので、基本的な理念、政策の一致が極めて大事だ。我々は特に「オール・フォー・オール(みんながみんなのために)」を掲げている。それを他党がどう判断するかだ。

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1439文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集