オスプレイ

米「機体問題なし」 名護沖事故、調査報告へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 沖縄県名護市沖で昨年12月に起きた垂直離着陸輸送機オスプレイの不時着事故を巡って、米軍が「気象条件や人的要因が原因で機体に問題はない」と結論付けた事故調査報告書をまとめたことが分かった。日本政府関係者が23日、明らかにした。政府は近く米軍から提示される報告書を公表する。

 事故は昨年12月13日夜に発生した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のオスプレイが沖…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

注目の特集