メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/8止 人工知能でネット監視

イランの核施設を訪問した当時のアフマディネジャド大統領(左から2人目)。周囲に見える円柱形のものがサイバー攻撃で破壊されたという遠心分離機=中部ナタンツで2008年4月9日、ロイター

「潜在的一匹オオカミ・テロ」抽出

 イスラエルが占領・併合するヨルダン川西岸地区や東エルサレムでは、2015年の秋から冬にかけて20歳前後のパレスチナ人がイスラエル治安当局者らを襲撃する事件が相次いだ。治安当局者によると、「大半が衝動的で予測が難しい」。世界的にも、組織的背景がない「一匹オオカミ・テロ」への対応策が求められるなか、イスラエルは人工知能を活用した「潜在的テロリスト」抽出の技術を追求しているという。

 信号傍受(シギント)や人的情報(ヒューミント)から「危険人物」をデータベース化する「プロファイリン…

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです