メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/8止 人工知能でネット監視

イランの核施設を訪問した当時のアフマディネジャド大統領(左から2人目)。周囲に見える円柱形のものがサイバー攻撃で破壊されたという遠心分離機=中部ナタンツで2008年4月9日、ロイター

「潜在的一匹オオカミ・テロ」抽出

 イスラエルが占領・併合するヨルダン川西岸地区や東エルサレムでは、2015年の秋から冬にかけて20歳前後のパレスチナ人がイスラエル治安当局者らを襲撃する事件が相次いだ。治安当局者によると、「大半が衝動的で予測が難しい」。世界的にも、組織的背景がない「一匹オオカミ・テロ」への対応策が求められるなか、イスラエルは人工知能を活用した「潜在的テロリスト」抽出の技術を追求しているという。

 信号傍受(シギント)や人的情報(ヒューミント)から「危険人物」をデータベース化する「プロファイリン…

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1725文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです