メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今年の夏は天候不順が続く。気温に比べて湿度が高く、すでに疲れがたまっているという人も多いのでは。残暑の時期を元気に乗り切るために、普段の暮らしで心がけたいことを探った。

 ●自律神経使いすぎ

 蒸し暑い中、汗をかきながら駅へ急ぎ、冷えた電車に乗り込む。そんな日が続けば、自然と体に疲れがたまってしまう。「体温を調節するためには、自律神経の働きが欠かせません。でも、自律神経を使いすぎると疲労感がたまります」と日本医科大特任教授で心療内科医の海原純子さんは解説する。

 この時期、夏風邪をひいたり、へんとう炎、咽頭(いんとう)炎を起こしたりする人が多い。汗を冷やすこと…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1648文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
  2. 地震 大阪・震度6弱 死者5人、負傷408人に 住宅一部損壊、500棟超す
  3. 名人戦 羽生の封じ手 陣形整備を継続する3一玉 第6局
  4. クローズアップ2018 加計氏、根拠なき強弁 「首相面会、記憶も記録もない」「虚偽、指示せず」
  5. 岡山・加計学園 獣医学部新設問題 加計氏、首相面会否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]