メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

残暑のだるさ 温め乗り切る

 今年の夏は天候不順が続く。気温に比べて湿度が高く、すでに疲れがたまっているという人も多いのでは。残暑の時期を元気に乗り切るために、普段の暮らしで心がけたいことを探った。

 ●自律神経使いすぎ

 蒸し暑い中、汗をかきながら駅へ急ぎ、冷えた電車に乗り込む。そんな日が続けば、自然と体に疲れがたまってしまう。「体温を調節するためには、自律神経の働きが欠かせません。でも、自律神経を使いすぎると疲労感がたまります」と日本医科大特任教授で心療内科医の海原純子さんは解説する。

 この時期、夏風邪をひいたり、へんとう炎、咽頭(いんとう)炎を起こしたりする人が多い。汗を冷やすことが、夏風邪やだるさの原因となる。海原さんは「クーラーで冷えすぎた空間は避ける。洗髪後、生乾きのまま冷たい空気に触れない。そんな日々の心構えが大切です。朝晩の少し涼しい時に、軽いストレッチで体をゆるめることも忘れずに」とアドバイスする。

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです