メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今年の夏は天候不順が続く。気温に比べて湿度が高く、すでに疲れがたまっているという人も多いのでは。残暑の時期を元気に乗り切るために、普段の暮らしで心がけたいことを探った。

 ●自律神経使いすぎ

 蒸し暑い中、汗をかきながら駅へ急ぎ、冷えた電車に乗り込む。そんな日が続けば、自然と体に疲れがたまってしまう。「体温を調節するためには、自律神経の働きが欠かせません。でも、自律神経を使いすぎると疲労感がたまります」と日本医科大特任教授で心療内科医の海原純子さんは解説する。

 この時期、夏風邪をひいたり、へんとう炎、咽頭(いんとう)炎を起こしたりする人が多い。汗を冷やすこと…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1648文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
  4. 第100回全国高校野球 新潟大会 きょう準々決勝 公立進学校対決にも注目 /新潟
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]