メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

民間宇宙ビジネス活発に 小型ロケット・衛星事業に商機

 日本の民間宇宙ビジネスが活発化している。先月には北海道の宇宙ベンチャーが小型ロケットの打ち上げに挑戦。今月には国内4社がロケット開発会社を設立した。ただ、世界の宇宙市場は拡大する一方、国内では課題もある。宇宙ビジネスの最新事情を追った。【酒造唯】

 ●宇宙に届かず

 7月30日午後4時半過ぎ。「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)の小型ロケット「MOMO」(長さ10メートル、直径50センチ、重さ1トン)が打ち上げられた。同社は元ライブドア社長の堀江貴文さん創業の宇宙ベンチャーで、社員14人。国内では民間初の宇宙空間(高度約100キロ超)到達を目指したが高度約20キロにとどまり、かなわなかった。

 ロケットにかかる圧力が最大になる高度10キロに達した際、機体の一部が壊れたとみられ、送信データが途…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1507文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  5. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです