メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
科学の森

民間宇宙ビジネス活発に 小型ロケット・衛星事業に商機

 日本の民間宇宙ビジネスが活発化している。先月には北海道の宇宙ベンチャーが小型ロケットの打ち上げに挑戦。今月には国内4社がロケット開発会社を設立した。ただ、世界の宇宙市場は拡大する一方、国内では課題もある。宇宙ビジネスの最新事情を追った。【酒造唯】

 ●宇宙に届かず

 7月30日午後4時半過ぎ。「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)の小型ロケット「MOMO」(長さ10メートル、直径50センチ、重さ1トン)が打ち上げられた。同社は元ライブドア社長の堀江貴文さん創業の宇宙ベンチャーで、社員14人。国内では民間初の宇宙空間(高度約100キロ超)到達を目指したが高度約20キロにとどまり、かなわなかった。

 ロケットにかかる圧力が最大になる高度10キロに達した際、機体の一部が壊れたとみられ、送信データが途…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1507文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  3. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです