連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

民間宇宙ビジネス活発に 小型ロケット・衛星事業に商機

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本の民間宇宙ビジネスが活発化している。先月には北海道の宇宙ベンチャーが小型ロケットの打ち上げに挑戦。今月には国内4社がロケット開発会社を設立した。ただ、世界の宇宙市場は拡大する一方、国内では課題もある。宇宙ビジネスの最新事情を追った。【酒造唯】

 ●宇宙に届かず

 7月30日午後4時半過ぎ。「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)の小型ロケット「MOMO」(長さ10メートル、直径50センチ、重さ1トン)が打ち上げられた。同社は元ライブドア社長の堀江貴文さん創業の宇宙ベンチャーで、社員14人。国内では民間初の宇宙空間(高度約100キロ超)到達を目指したが高度約20キロにとどまり、かなわなかった。

 ロケットにかかる圧力が最大になる高度10キロに達した際、機体の一部が壊れたとみられ、送信データが途絶えた。本体を制御できないため打ち上げから66秒後に地上からエンジンを停止させた。ただエンジンは正常に作動するなど成果もあった。稲川貴大社長は「今回は実験。想定外が起こることこそ成果だ」と強調。年内にも再挑戦する考えだ。

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1507文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集