メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

「黒魔術」にかかったAI=鴨志田公男

 棋界の頂点に立つ佐藤天彦名人を今年、初めて破った将棋ソフトが「PONANZA(ポナンザ)」だ。

 その開発者である愛知学院大特任准教授、山本一成さんの「黒魔術の影響がポナンザにも及んでいる」という発言が話題だ。「黒魔術」という言葉が、最先端の科学技術と結びつきにくいからだろう。

 詳細は山本さんの著書「人工知能はどのようにして『名人』を超えたのか?」(ダイヤモンド社)に譲るが、「黒魔術」は人工知能(AI)の世界のスラングで、どうやって生まれたのかや、なぜ効果が出るのかが分からない技術の総称だ。名人に勝利したポナンザの改良作業も「暗闇の中、勘を頼りに進めている」面があるのだという。

 ポナンザには近年のAIの進歩を支える機械学習という技術が使われている。何らかの改良を加えたポナンザ…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1108文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 父親の逮捕状請求へ 死体遺棄容疑 埼玉県警

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです