メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

「黒魔術」にかかったAI=鴨志田公男

 棋界の頂点に立つ佐藤天彦名人を今年、初めて破った将棋ソフトが「PONANZA(ポナンザ)」だ。

 その開発者である愛知学院大特任准教授、山本一成さんの「黒魔術の影響がポナンザにも及んでいる」という発言が話題だ。「黒魔術」という言葉が、最先端の科学技術と結びつきにくいからだろう。

 詳細は山本さんの著書「人工知能はどのようにして『名人』を超えたのか?」(ダイヤモンド社)に譲るが、「黒魔術」は人工知能(AI)の世界のスラングで、どうやって生まれたのかや、なぜ効果が出るのかが分からない技術の総称だ。名人に勝利したポナンザの改良作業も「暗闇の中、勘を頼りに進めている」面があるのだという。

 ポナンザには近年のAIの進歩を支える機械学習という技術が使われている。何らかの改良を加えたポナンザを以前のバージョンと何度も対戦させ、新ポナンザの勝率が上回れば改良を採用する。そうやってポナンザを強くする。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1108文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです