大相撲

大鵬の孫、11月初土俵へ 父は元関脇・貴闘力

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
11月の九州場所で大嶽部屋から初土俵を踏む納谷幸之介=2017年8月23日午後4時33分、上鵜瀬浄撮影
11月の九州場所で大嶽部屋から初土俵を踏む納谷幸之介=2017年8月23日午後4時33分、上鵜瀬浄撮影

 大相撲で歴代2位の通算幕内優勝回数32回を誇る横綱・大鵬の孫で、埼玉栄高相撲部主将の納谷幸之介(3年)が大嶽部屋に入門し、11月の九州場所で初土俵を踏むことが23日、明らかとなった。納谷は「高校の先輩・豪栄道関のように幕内で活躍したい」と抱負を語った。

 納谷はこの日、東京都内で行われた大相撲お台場…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

あわせて読みたい

注目の特集