メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

化石

有袋類の仲間、国内初 9000万年前、熊本で発掘

 熊本県の御船町恐竜博物館は24日、白亜紀後期に当たる約9000万年前の同町内の地層から、カンガルーやコアラといった有袋類と同じ祖先を持つ哺乳類の歯の化石1点が見つかったと発表した。有袋類の仲間の化石発掘は国内初といい、同館は「白亜紀を含む中生代のアジア東岸で、哺乳類の進化を解明する手掛かりになる」としている。

 化石は2014年3月、御船町田代の「御船層群上部層」で採取した砂岩に埋まっていた。長さ約2ミリ、幅…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文681文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]