メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党代表選

前原氏と枝野氏、反省強調 「昔の顔」対決

 民進党代表選に立候補している前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)は選挙戦で、いずれも民主党政権時代の反省を強調している。党の足かせとなっている政権時代の失敗のイメージを払拭(ふっしょく)することを求められているためだ。だが、前原氏も枝野氏も政権中枢にいただけに、どちらが代表になっても局面転換ができるかは不透明だ。

 前原氏「失敗の痛みを知る人間が中核にいないと、政権を取ってもまた同じ失敗を繰り返す」

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです