メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペインテロ

指導者、服役中過激化 2カ月前から計画か

 【ブリュッセル八田浩輔】スペインで15人が死亡、100人以上がけがをした連続テロ事件は、24日で1週間。犯行グループは40代半ばのイスラム教指導者、アブデルバキ・エ・サティ容疑者が主導し、少なくとも2カ月前から準備を進めていた可能性が高いことが司法手続きの過程で明らかになった。サティ容疑者は2004年のマドリード列車同時爆破テロで服役中の受刑者と刑務所で接点があったと報じられており、過激思想の再生産とテロの連鎖を断てない欧州の構造的な問題を改めて突きつけた。

 サティ容疑者はテロ前夜の16日深夜、バルセロナ南西約200キロのアルカナーにあるグループのアジトで…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです