メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シェア自転車

モバイクが札幌で国内初の事業スタート

コンビニエンスストアの前に並ぶモバイク=札幌市中央区のセイコーマート円山北3条店で2017年8月23日午後、梅村直承撮影

 スマートフォンを活用した中国のシェア自転車大手「Mobike(モバイク)」の日本法人モバイク・ジャパン(福岡市)は23日、札幌市で国内初の事業をスタートさせた。コンビニエンスストアやドラッグストアの店舗敷地内などに設置した自転車を30分当たり50円で利用できる仕組みで、市民や外国人を含めた観光客の利用を見込む。

 スタート時点で利用可能なのは、JR桑園駅-琴似駅、地下鉄東西線西18丁目駅や宮の森地区など中央区と西区にまたがるエリア。セコマやサッポロドラッグストアー、石屋製菓がパートナー企業となり、店舗前など十数カ所の専用置き場に数百台を用意した。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです