メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シェア自転車

モバイクが札幌で国内初の事業スタート

コンビニエンスストアの前に並ぶモバイク=札幌市中央区のセイコーマート円山北3条店で2017年8月23日午後、梅村直承撮影

 スマートフォンを活用した中国のシェア自転車大手「Mobike(モバイク)」の日本法人モバイク・ジャパン(福岡市)は23日、札幌市で国内初の事業をスタートさせた。コンビニエンスストアやドラッグストアの店舗敷地内などに設置した自転車を30分当たり50円で利用できる仕組みで、市民や外国人を含めた観光客の利用を見込む。

     スタート時点で利用可能なのは、JR桑園駅-琴似駅、地下鉄東西線西18丁目駅や宮の森地区など中央区と西区にまたがるエリア。セコマやサッポロドラッグストアー、石屋製菓がパートナー企業となり、店舗前など十数カ所の専用置き場に数百台を用意した。

     スマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば近くの置き場が表示され、決済や解錠手続きもできる。8月中は無料(クレジットカード登録時に保証金3000円が必要)で、利用状況をみて台数やエリアの拡大を検討している。

     モバイクのクリス・マーティン海外展開本部長は「札幌とモバイクが融合し、魅力的な街になっていくことを期待する」とコメントした。

     札幌市内では、認定NPO法人ポロクルがレンタル自転車サービスを2011年度から本格実施。市中心部など43拠点(ポート)に350台を置き、16年度は約8万5000件の利用があった。【三沢邦彦】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
    2. ドローン 神戸ルミナリエ会場で飛行 操縦少年を任意聴取
    3. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
    4. サッカー 東アジアE-1選手権 北朝鮮は賞金なし 連盟が決定
    5. JR東海 L特急名称廃止 来春のダイヤ改正で表記消える

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]