シェア自転車

モバイクが札幌で国内初の事業スタート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
コンビニエンスストアの前に並ぶモバイク=札幌市中央区のセイコーマート円山北3条店で2017年8月23日午後、梅村直承撮影
コンビニエンスストアの前に並ぶモバイク=札幌市中央区のセイコーマート円山北3条店で2017年8月23日午後、梅村直承撮影

 スマートフォンを活用した中国のシェア自転車大手「Mobike(モバイク)」の日本法人モバイク・ジャパン(福岡市)は23日、札幌市で国内初の事業をスタートさせた。コンビニエンスストアやドラッグストアの店舗敷地内などに設置した自転車を30分当たり50円で利用できる仕組みで、市民や外国人を含めた観光客の利用を見込む。

 スタート時点で利用可能なのは、JR桑園駅-琴似駅、地下鉄東西線西18丁目駅や宮の森地区など中央区と西区にまたがるエリア。セコマやサッポロドラッグストアー、石屋製菓がパートナー企業となり、店舗前など十数カ所の専用置き場に数百台を用意した。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文541文字)

あわせて読みたい

注目の特集