メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天気

落雷で鉄道に影響、停電も 近畿地方

 近畿地方は23日、不安定な大気の影響に伴い、各地で雷を観測した。大阪府や京都府では落雷の影響とみられる鉄道トラブルが相次ぎ、JRと京阪電鉄のダイヤが乱れた。また、大阪府内では落雷の影響による停電があり、関西電力によると午後9時現在で門真、四條畷、寝屋川など7市で計5070軒が停電した。

     JR西日本によると、午後1時45分ごろ、京都府京田辺市のJR片町線、京田辺駅構内の信号が赤のまま変わらなくなった。落雷の影響とみられ、復旧のめどが立たないため、木津-松井山手駅間の上下線で終日運転を見合わせた。約9400人に影響した。

     午後4時半ごろには、大阪府守口市河原町3にある京阪の守口変電所で落雷による停電が発生。本線と鴨東線、中之島線の全線で約1時間にわたって運転を見合わせた。計169本が運休するなどし、約18万7000人に影響が出た。【鳥井真平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ジェンダー差別発言 ワースト「子供4人以上産んだら…」
    2. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
    3. ORICON NEWS 米国移住のピース・綾部に仕事続々 今度はハワイでサッカー大会アンバサダー就任
    4. 阪神大震災23年 離れた手「今も昨日のことのよう」
    5. ORICON NEWS 川栄李奈、女優躍進を支えるのは危機感「私なんてすぐに消える」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]