特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

花咲2年生主砲・野村打率5割超 勝って涙

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【花咲徳栄-広陵】六回表花咲徳栄1死二塁、野村が左翼線適時三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2017年8月23日、徳野仁子撮影
【花咲徳栄-広陵】六回表花咲徳栄1死二塁、野村が左翼線適時三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2017年8月23日、徳野仁子撮影

 〇花咲徳栄(埼玉)14-4広陵(広島)●(23日・甲子園、決勝)

 花咲徳栄の野村は五、六回に2打席連続適時打。今大会通算打率は5割2分で、大会を通じて4番の役割を果たした。

 なかでもパワーを示したのが六回1死二塁。真ん中付近の直球を振り抜くと力強い打球が左翼を襲い、左翼手の後逸で適時三塁打となった…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文228文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る