メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

8月のニュースファイルミニ8

周りにミニ銀河が発見されたクジラ銀河(中央右上)=東北大、国立天文台提供

[PR]

■銀河の歴史を知る「化石」を発見

 東北大学と国立天文台のチームは8月3日、地球から2283万光年離れた通称「クジラ銀河」の周りに、宇宙誕生まもない130億年ほど前にできたとみられるミニ銀河を13個発見し発表しました。

 小さな銀河が集まって大きな銀河ができると考えられています。発見されたのは11個の小さな銀河と2個の細長い恒星の集まりで、クジラ銀河の歴史を知る手がかりになる「銀河の化石」と言われています。

★ポイント

 これほど遠くの銀河の周りに多くの「化石」を一度に発見したのは世界初。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです