メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

火事から子豚救出のお礼、英農場主が消防隊にソーセージ贈る

 [ロンドン 23日 ロイター] - 英国で、消防隊員らの活躍によって飼育する子豚18頭などを火事から救ってもらった農場主が、半年たって子豚から作ったソーセージを感謝の印として消防隊員らに贈っていたことが分かった。

     火事は今年2月、ロンドンの西110キロにあるミルトン・リルボーンのレイチェル・リバースさんの農場の納屋で、電気系統の故障が原因で発生した。

     レイチェルさんは、救出された子豚でソーセージを作った時、感謝の気持ちを示すため一部を消防隊員らに贈ろうと考えた。

     BBCに対し「ベジタリアンの人は嫌いだろうけど、彼らにお礼がしたかった」と話した。

     消防署のスポークスマンは、ソーセージは「素晴らしくおいしかった」とし、レイチャルさんの厚意に感謝していると述べた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
    2. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
    3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    5. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです