メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

tupera tupera絵本の世界展 ふしぎ・ゆかい多彩に 横須賀で来月

 <出かけてみませんか 毎日新聞社の催し>

     「ぼくとわたしとみんなの tupera tupera絵本の世界展」を9月9日から、神奈川県横須賀市の横須賀美術館で開催します。

     亀山達矢と中川敦子のユニットtupera tupera(ツペラツペラ)は、絵本やイラストレーションの仕事に加え、舞台美術やアートディレクションなどに取り組む2人組です。新しいことに次々に挑戦し、活躍の幅を広げ、国内外で注目の存在です。

     今年、結成15周年を迎え、初の大規模な展覧会になります。第18回日本絵本賞読者賞を受けた「しろくまのパンツ」(ブロンズ新社)や「パンダ銭湯」(絵本館)など人気の絵本原画や雑貨、工作、こだわりの装丁など約300点を一堂に展観。多彩でユニークな世界をお楽しみください。

     亀山は1976年、三重県生まれ。中川は78年京都府生まれ。2人は2002年からオリジナルの布雑貨を展示販売する活動を始め、その後、絵本制作で活躍の場を広げました。13年に数々の賞を受け一躍注目を集めました。「貼り絵」の手法で、色鮮やかで高いデザイン性を持ちながらユーモアにあふれる作品を次々に発表、子どもから大人までを魅了しています。絵本は世界10カ国・地域で翻訳出版されています。また彼らの描くイラストは、教科書や書籍の装画、イベントのポスターやCDジャケットを飾っています。

    期間中にイベント

     会期中、さまざまなイベントを予定しています。

     <オープニングイベント>「tupera tuperaとビューティフルハミングバードの絵本ライブ」 9月9日(土)午後1~2時、美術館・海の広場(雨天の場合はエントランスホールで先着100人)。申し込み不要、直接会場へ。

     <ワークショップ>「大きな海のジャバラ絵本 リターンズ!」tupera tuperaと一緒に大きなジャバラ絵本を作ります。10月8日(日)午後2~5時。参加費500円、事前申込制、抽選で50人。

     <学芸員によるギャラリートーク(大人向け)>9月30日(土)午後2~3時。申し込み不要、直接会場へ。観覧券が必要。

     <親子向けギャラリーツアー>tupera tuperaの絵本の世界を探検しながら、その面白さや見どころをみんなで見つけていきます。10月15日(日)午前11時~正午。5歳~小学4年の子どもとその保護者対象。事前申込制。定員は抽選5組。無料。保護者は観覧券が必要。

     ※イベントの詳細は同美術館ホームページをご覧ください。


     <会期>9月9日(土)~11月5日(日)。休館日は10月2日(月)。開館時間は午前10時~午後6時。

     <会場>横須賀美術館(神奈川県横須賀市鴨居4の1 京急・馬堀海岸駅、同・浦賀駅、JR・横須賀駅からバス)

     <観覧料>一般900円▽高校・大学生、65歳以上700円▽中学生以下と市内在住または在学の高校生は無料▽11月3日(祝・金)は無料。

     <問い合わせ>同館(046・845・1211)、ホームページ(http://www.yokosuka-moa.jp/)

     主催 毎日新聞社、横須賀美術館/協賛 ライブアートブックス/協力 マイクロソリューション、ヤスダフォトスタジオ


     t.jigyou@mainichi.co.jp

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 森友 籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも
    5. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]