メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 司馬遼太郎の小説をもとに、原田眞人監督が関ケ原の戦いを描く。幼くして豊臣秀吉(滝藤賢一)に認められた石田三成(岡田准一)はやがて、利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問を抱くようになる。三成のもとには請われて家来となった左近(平岳大)、伊賀の忍(有村架純)が仕えていた。天下を狙う徳川家康(役所広司)は、小早川秀秋(東出昌大)ら武将を味方に引き込んでいく。

 悪役として描かれることも多い三成を、自らの義に忠実な主人公として描写。歴史の裏側で活躍した女性陣の人物像とドラマも魅力的だ。ただ、原田監督の「駆込み女と駆出し男」と同様、膨大な情報量とスピード感に振り落とされないよう、付いていくのがやっとという部分も。誰もが結末を知る戦いだが、錯綜(さくそう)する人間関係についての知識を持って鑑賞したほうが戦いのただ中に身を置く感覚を味わえるのでは。合戦シーンは…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです