メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「何を演じるかではなくて、何をどう伝えるかが大事。演技だけにこだわらず、自分の思いを伝えていきたい」=東京都千代田区で、西本勝撮影

地を踏みしめて帰ってきた実感

 夏の青空に、グレーのTシャツが映える。2013年、大ヒットしたNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」に、喫茶店の片隅で黙々と琥珀(こはく)を磨く職人「勉さん」役で出演して人気を集めた。北野武監督の映画「アウトレイジ ビヨンド」(12年)で見せたすごみのある演技も忘れられない。脳出血と診断され3年余。「復帰したといっても、こんな姿でびっくりしたでしょう」。おどけたような口調で静かに笑った。倒れる前より少しやせたように見えた。

 病に襲われたのは、同時期に2本のドラマ撮影を抱え、東京-京都間を往復する忙しい日々を終えて、ホッと…

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1874文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです