メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

霞ケ浦・北浦 行方の漁師市で「シラウオ」「ワカサギ」 /茨城

ワカサギやシラウオなどを買い求める客でにぎわった漁師市

 今月11日に行方市玉造甲の道の駅「たまつくり」で開かれた夏の漁師市にお邪魔した。会場には、霞ケ浦と北浦で水揚げされた「湖の幸」が並ぶ。今の季節でしか味わえない新鮮なシラウオとワカサギを食べたくなり出掛けてみた。

 漁師市は二つの湖の漁師たちによる直売会だ。市内の4漁業協同組合がそれぞれ出店したテントでは、早朝漁獲された鮮魚や、それを使った甘露煮、煮干し、つくだ煮などを売っていた。ワカサギのから揚げやシラウオの釜揚げなども試食で振る舞い、訪れた人たちが旬の味を楽しんでいた。同市の箕輪克弥経済部長(59)は「市が始まる8時前から人が並び、飛ぶような売れ行きですよ」と満面の笑みを浮かべた。

 霞ケ浦と北浦は県南東部に広がる湖だ。霞ケ浦は琵琶湖(滋賀県)に次ぐ日本第2位の湖水面積を誇る。実は…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです