小児がん

経験者が交流 さまざまな出会い、夢語る /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
闘病の経験などを話し合う参加者=新宿区の慶応大病院で
闘病の経験などを話し合う参加者=新宿区の慶応大病院で

 小児がんを経験した子どもたちが、同じように小児がんを経験した仲間や先輩と交流する「キャンプ・カレッジ2017」が24日、慶応大病院(新宿区)であった。「カレッジ」は英語で「勇気」の意。小児がん経験者が勇気を持って羽ばたくことを願い、同院小児外科と、小児がんの子どもと家族を支援するNPO「シャイン・オン!キッズ」(中央区)が企画した。

 冒頭で、進行役を務める横浜市立大医学部3年の小泉亮さんら、がんを経験した大学生や社会人が自身の闘病体験を紹介。副作用の強い抗がん剤を投与された入院中より、退院後に学校の友人との間に距離を感じたり、体力が回復せずに落ち込んだりしたことの方がつらかったと明かした。一方で、病気を通じてさまざまな出会いもあり、「この経験を生かして世界を広げて」と励ました。年の近い先輩が生き生きと語る将来の夢を、参加者は…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文560文字)

あわせて読みたい

注目の特集